当事務所の強み

著作権法の専門家集団当事務所の強み著作権法をはじめとする知的財産権法は、高度な専門性が要求される法律であり、その解釈や法的紛争に際しての対応には困難な場合があります。日本が知財立国として経済的成長を続けていくためにも、大企業だけではなく中小企業が知的財産権に関して充実した法的サービスを受ける必要があります。

私どもは、現在まで数多くの法的紛争を処理してきているほか、知的財産権法をはじめとした法律について日々研究を続けていることからも、クライアントの皆様のニーズに合致した最善のリーガルサービスを提供することができると自負いたしております。

今後とも、専門家集団としての自覚を高め、各自研鑽を続けていく所存です。

刑事事件にも対応当事務所では、知的財産権にかかる刑事事件(商標法違反、著作権法違反、不正競争防止法違反等)についても、迅速に対応いたしております。

一般に知的財産権法を取り扱っている事務所では、特に個人を対象とした刑事事件について積極的には取り扱いをしていないケースも見られます。当事務所では、初めて弁護士に相談するという方についても、懇切丁寧にご相談を承っております。

詳しくは、下記刑事事件専門サイトをご覧ください。

(東京刑事事件相談ルーム)
http://www.keijibengosoudan.jp/

サービス紹介

著作権法全般 契約書の作成、チェック
著作権侵害訴訟(損害賠償請求、差止請求)
法律意見書作成
刑事告訴
刑事事件
法律相談

法律顧問 著作権法のほか、知的財産権法全般に対応可能です。
セカンドオピニオンにも対応しております。
すでに顧問弁護士がいる場合でも、知的財産権法についてのみ、ご相談いただくことも可能です。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム