実演家の権利

 著作権法上、実演とは「著作物を、演劇的に演じ、舞い、演奏し、歌い、口演し、朗詠し、又はその他の方法により演ずることをいう。」(2条1項3号)とされています。
 そして実演家については、「俳優、舞踊家、演奏家、歌手その他実演を行う者及び実演を指揮し、又は演出する者をいう。」(2条1項4号)と規定されています。
 尚、日本国内で保護を受ける実演については、著作権法7条で規定されています。
 実演家の権利については著作権法第90条の2から第95条の3に規定されています。
 
・第90条の2(氏名表示権)⇒実演家は、その実演の公衆への提供又は提示に際し、氏名等を表示するまたは表示しないこととすることについての権利があること等が規定されています。
・第90条の3(同一性保持権)⇒実演家は、その実演の同一性を保持する権利を有し、自己の名誉又は声望を害するその実演の変更、切除その他の改変を受けないものとする旨が規定されています。
・第91条(録音権及び録画権)⇒実演家は、その実演を録音し、又は録画する権利を専有する旨が規定されています。
・第92条(放送権及び有線放送権)⇒実演家は、その実演を放送し、又は有線放送する権利を専有する旨が規定されています。
・第92条の2(送信可能化権)⇒実演家は、その実演を送信可能化する権利を専有する旨が規定されています。
・第93条(放送のための固定)⇒放送権を有する者の許諾を得た放送事業者は、その実演を放送のために録音や録画することができることが規定されています。
・第94条(放送のための固定物等による放送)⇒本条では適法に許諾を受けて録音録画したものを用いて放送できる旨規定しています。
・第94条の2(放送される実演の有線放送)⇒本条では、有線放送事業者は、放送される実演を有線放送した場合に実演家に対して相当な額の報酬を支払わなければならない旨規定しています。
・第95条(商業用レコードの二次使用)⇒本条では、放送事業者及び有線放送事業者が商業用レコードを用いて放送又は有線放送を行った場合は、実演家に二次使用料を支払わなければならない旨を規定しています。
・第95条の2(譲渡権)⇒本条では、実演家は、その実演をその録音物又は録画物の譲渡により公衆に提供する権利を専有する旨が規定されています。
・第95条の3(貸与権等)⇒本条では実演家は、その実演をそれが録音されている商業用レコードの貸与により公衆に提供する権利を専有する旨が規定されています。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム