著作権登録制度とは

譲渡著作権は、特許等の産業財産権と違って登録手続きを行わなくても権利は発生します。

しかし、著作権登録には権利の証明や、著作権の保護期間の立証が容易になる等のメリットがあります。

ソフトウェアプログラム以外のものは文化庁、ソフトウェアプログラムについては一般財団法人ソフトウェア情報センターに対して登録手続きをする必要があります。

著作権登録の代表的なものは以下の通りです。

● 実名の登録(75条)
無名又は変名で公表された著作物の著作者はその実名(本名)の登録を受けることができます。実名登録を受ければ反証されないかぎり、著作者と推定され、また実名で公表されたときと同様に著作者の保護期間が著作者の死後50年になります。

● 第一発行年月日等の登録(76条)
著作権者又は無名若しくは変名で公表された著作物の発行者は,当該著作物が最初に発行され又は公表された年月日の登録を受けることができます。登録されれば、反証がされないかぎりその日が第一発行年月日等と推定されます。

● 創作年月日の登録(76条の2)
プログラムの著作物の著作者は,当該プログラムの著作物が創作された年月日の登録を受けることができます。登録されれば、反証がされないかぎりその日が創作年月日と推定されます。

● 著作権・著作隣接権の移転等の登録(77条)
著作権若しくは著作隣接権の譲渡等,又は著作権若しくは著作隣接権を目的とする質権の設定等があった場合,登録権利者又は登録義務者は著作権又は著作隣接権の登録を受けることができます。権利変動について第三者に対抗することができます。

● 出版権の設定等の登録(88条)
出版権の設定,移転等,又は出版権を目的とする質権の設定等があった場合,登録権利者及び登録義務者は出版権の登録を受けることができます。権利変動について第三者に対抗することができます。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム