付随対象著作物の利用(30条の2)

著作権法30条の2はいわゆる著作物の「写り込み」等にかかる整備規程です。条文の規定は以下の通りです。

(付随対象著作物の利用)
第30条の2 写真の撮影,録音又は録画(以下この項において「写真の撮影等」という。)の方法によつて著作物を創作するに当たつて,当該著作物(以下この条において「写真等著作物」という。)に係る写真の撮影等の対象とする事物又は音から分離することが困難であるため付随して対象となる事物又は音に係る他の著作物(当該写真等著作物における軽微な構成部分となるものに限る。以下この条において「付随対象著作物」という。)は,当該創作に伴つて複製又は翻案することができる。ただし,当該付随対象著作物の種類及び用途並びに当該複製又は翻案の態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は,この限りでない。

2 前項の規定により複製又は翻案された付随対象著作物は,同項に規定する写真等著作物の利用に伴つて利用することができる。ただし,当該付随対象著作物の種類及び用途並びに当該利用の態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は,この限りでない。

たとえば観光地等で写真撮影をしたときに写真の端のほうに絵画やポスター等が写り込んでしまっていたような場合や、街角の様子をビデオカメラで撮影していた時に街角に流れていた音楽をたまたま録りこんでしまったような場合で、著作権者の利益を不当に害しない場合は、著作権侵害ではないことになります。(30条の2第1項)

この写り込んでしまった著作物のことを付随対象著作物と条文では規定しています。ただし、以下のような場合は著作権者の利益を不当に害しないものとは認められませんので著作権侵害となります。

○ 本来の撮影対象として,ポスターや絵画を撮影した写真を,ブログに掲載する場合
○ テレビドラマのセットとして,重要なシーンで視聴者に積極的に見せる意図をもって絵画を設置し,これをビデオ収録した映像を,放送やインターネット送信する場合
○ 漫画のキャラクターの顧客吸引力を利用する態様で,写真の本来の撮影対象に付随して漫画のキャラクターが写り込んでいる写真をステッカー等として販売する場合(文化庁:いわゆる「写り込み」等に係る規定の整備について(解説資料)より抜粋。)


要するに付随対象著作物の利用程度が重要となっています。

第2項では、第1項の著作物の利用に伴って、付随対象著作物を利用できる旨を規定しています。第1項と違い「分離することが困難であるため」というのを要件としていないので、撮影後に付随対象著作物を分離処理することが可能であっても付随対象著作物の著作権者の許可を得なくても利用ができます。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム