私的使用目的のための複製(第30条)

著作権法第30条の私的使用目的のための複製とは、著作物を個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(これを「私的使用」といいます。)を目的とする場合は、一定要件下で複製を認める権利です。

具体的には、自分で購入したCDをMP3プレイヤーに入れたり、レンタル店で借りたCDをダビングするような場合等はこの制限規定に該当するため、複製しても違法となりません。これは家庭内等の狭い範囲で複製する場合は、権利者に与える影響は少ないと思われるからです。

しかしながら、コピーコントロール等の技術的保護手段がほどこされたものを、その保護手段を回避して複製した場合や、違法でアップロードされている著作物であることを知りながらそこからダウンロードをするような場合はこの制限規定は適用されず、侵害となりえます。(第30条1項2号、3号)

また、複製行為を行った時点においては私的使用目的の複製であっても、その後にネット等で複製した著作物を頒布等すれば、侵害となります。(第49条)

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム