上演権とは

上演権とは、「著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として上演し、又は演奏する権利」のことをいいます(著作権法第22条)。

例えば、お芝居の公演や、バンドのコンサート等は上演行為に該当し、脚本家や、作曲家や作詞家の許諾が必要となります。

上演については、生の上演だけに限らず、例えば芝居を録画したものや、音楽を録音したものを再生する行為も、公衆に対して行えば上演行為となります。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム