口述権とは

口述権については、著作権法第24条で「著作者は、その言語の著作物を公に口述する権利を専有する。 」と規定されています。

口述とは、「朗読その他の方法により著作物を口頭で伝達すること(実演に該当するものを除く。)」(著作権法第2条1項18号)をいいます。条文で規定されている朗読の他にも、演説や講演や朗読したものを録音したCDやテープを再生することも口述となります。

口述権は、言語の著作物についての権利ですが、演劇などについては上演権がありますので、言語の著作物の中で本権が問題となるのは、小説や詩、論文等になります。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム