依拠性

 依拠性とは、他人の著作物の内容を知って、その他人の著作物の内容に基づいて著作物を作出しているかどうかということです。
 この依拠性という言葉は、最高裁の「ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー事件」で「著作物の複製とは、既存の著作物に依拠し、その内容及び形式を覚知させるに足りるものを再製することをいうと解すべき」と判事されたことから、複製権侵害が成立するには、類似性と依拠性の両方が必要とされています。
 つまり、他人の著作物の内容を全く知らないで、たまたま似たような著作物を作出してしまった場合は、著作権侵害にあたらないということになります。我が国の著作権法は、無方式主義を採用していますから、事前に似ている著作物がないか、チェックすることができませんので、相手の著作物の存在をしらないで、偶然似たような著作物を作ってしまって、侵害で訴えられるようなことも十分ありうるわけです。
 依拠性の有無については、創作の先後(訴えている人の方が先に創作していなければ依拠とは言えません。)、著作物の著名性(対象となる著作物がミリオンセラーだとか有名なものであれば、知っている可能性は高いと言えます。)、対象となる著作物に接する機会があるかどうか(例えば共通の知人がいる場合)、たまたま似てしまったという範囲を超えてデットコピーに近いような状態であるかどうか等を総合的に勘案して判断されるのが一般的です。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム