著作権の保護期間

保護期間著作権は、著作物を創作したときに発生し(第51条1項)、原則として著作者の死後50年を経過するまでの間存続することと規定されています。

共同著作物の場合は、共同著作者の中で最後に死んだ人間の死後50年を経過するまでの間存続することとなります。例えばA,B,Cの三人の共同著作物であって、最後に死んだのがBであった場合、Bの死後50年を経過するまでの間続くこととなります。

著作物に著作者名が記載されていない無名の著作物や、雅号や筆名等の変名が記載されている場合は、公表後50年を経過するまでの間存続します。但し、雅号や筆名が著作者のものとして周知の場合等は、原則通り著作者の死後50年を経過するまでの間存続します。

団体名義の著作物の場合は、公表後50年を経過するまでの間存続します。創作後50年以内に公表されなかった場合は、創作後50年を経過するまでの間存続します。

映画の著作物については、他より期間が長く、映画の公表後70年を経過するまでの間存続します。創作後70年以内に公表されなかった場合は、創作後70年を経過するまでの間存続します。

保護期間については暦年主義が採用されていて、著作権者の死後等の翌年の1月1日からはじまり、最終年の50年後の12月31日まで続きます。例えば著作者が2000年2月1日に死亡した場合は、2001年1月1日から起算して、2050年12月31日まで権利が続くこととなります。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム