支分権について

複製権

支分権複製権については、第21条に規定されています。著作権法上複製とは「印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有形的に再製すること」と第2条第1項第15号に規定されています。

例えば本をコピー機でコピーしたりするや、CDをMP3プレイヤーに録音したりする行為は複製にあたり、著作権者の許可なくこれらの行為を行えば複製権侵害ということになります。

また、複製とは著作物全体を複製した場合はもちろんのこと、部分複製も複製にあたります。たとえば200ページある本の内10ページをコピーした場合でも、10曲あるCDアルバムの中から1曲複製した場合も複製ということになります。

しかし、第30条以降に規定されている著作権の制限規定に当てはまる場合には利用できる場合はあります。

例えば、コピー等は自分で使用する分を自分で1部印刷する分には第30条の私的複製規定に該当し、原則権利行使されません。

展示権とは

展示権については、著作権法第25条に「著作者は、その美術の著作物又はまだ発行されていない写真の著作物をこれらの原作品により公に展示する権利を専有する」と規定されています。

本権利は、美術の著作物、写真の著作物に特有の権利です。写真の著作物については、未発行のものに限定されておりますが、これは写真の性質上何をもって原作品というのかが難しい為、未発行のものに限定している側面があります。美術の著作物の場合は、原作品の特定が可能であるため、このような限定は設けられておりません。

本権利については「原作品により」とあるので、例えばレプリカ等を展示する場合は展示権は働きませんので注意が必要です。

公衆送信権とは

公衆送信権等については第23条に規定されています。公衆送信とは、「公衆によつて直接受信されることを目的として無線通信又は有線電気通信の送信を行うことをいう」と第2条第1項7の2に規定されています。

第23条において、著作権者は、著作物の公衆送信を行う権利を専有し(第23条第1項)、公衆送信されるその著作物を受信装置を用いて公に伝達する権利を専有する(第23条第2項)と規定されています。

また、「自動公衆送信の場合にあつては、送信可能化を含む。」(第23条第1項かっこ書き)と規定されており、著作権者の許可なくネットに動画やMP3ファイルをアップロードするような行為は公衆送信権違反となりますので注意が必要です。

口述権とは

口述権については、著作権法第24条で「著作者は、その言語の著作物を公に口述する権利を専有する。 」と規定されています。

口述とは、「朗読その他の方法により著作物を口頭で伝達すること(実演に該当するものを除く。)」(著作権法第2条1項18号)をいいます。条文で規定されている朗読の他にも、演説や講演や朗読したものを録音したCDやテープを再生することも口述となります。

口述権は、言語の著作物についての権利ですが、演劇などについては上演権がありますので、言語の著作物の中で本権が問題となるのは、小説や詩、論文等になります。

上演権とは

上演権とは、「著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として上演し、又は演奏する権利」のことをいいます(著作権法第22条)。

例えば、お芝居の公演や、バンドのコンサート等は上演行為に該当し、脚本家や、作曲家や作詞家の許諾が必要となります。

上演については、生の上演だけに限らず、例えば芝居を録画したものや、音楽を録音したものを再生する行為も、公衆に対して行えば上演行為となります。

上映権とは

上映権とは、「著作物を公に上映する権利」のことで、著作権法第22条の2に規定されています。

上映については、著作権法第2条第1項第15号に、「著作物(公衆送信されるものを除く。)を映写幕その他の物に映写することをいい、これに伴つて映画の著作物において固定されている音を再生することを含む」とされています。

上映権は、もともとは、映画の著作物についてのみ認められていた権利ですが、技術の進歩などにより、写真や美術や図形の著作物がスクリーンに映写されるようになったことを受けて平成11年に改正され、写真などにも上映権が認められるようになりました。

貸与権とは

著作者は、映画以外の著作物を複製物の貸与によって公衆へ提供することができます。これが貸与権(26条の3)です。映画が除かれているのは、映画については頒布権という強力な権利が認められている為です。

貸与権が規定されたのは、昔から図書館や貸本業などはありましたが、レンタルレコード等の新業態が現れたことにより、レコード等の売り上げが大きく落ち込んだことによります。

また、買戻特約付売買など名目上、貸与をうたっていなくても実質的に貸与にあたる場合は著作者は貸与権を行使できるとされています。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム