同一性保持権とは

同一性保持権同一性保持権については著作権法第20条に規定されています。

著作権法第20条第1項では、「著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする。」と定められています。つまり著作者は、著作物の内容の同一性を保持する権利と、著作物の題号の同一性を保持する権利をもっているのです。

例えば音楽の著作物の場合に替え歌や、編曲をするのならば著作者の許諾がいるということになります。著作物の題号についても、ハリウッド映画を日本で上映するような場合には邦題がついたりしますがこれも勝手につけてはいけないということになります。

第20条第2項では同一性保持権の例外規定として、学校教育の目的上やむをえない場合や、建築物の増築、改築、修繕、電子計算機で利用し得るようにする場合等をあげています。

著作物の題号の利用について

著作物の題号については、複数の単語を組み合わせた比較的短いものが多く、「思想又は感情を創作的に表現したもの」とは言い難い為、一般的には著作物性が認められません。

しかし、著作権法第20条第1項に規定する同一性保持権による保護が認められているので、著作者の意に反して変更、切除その他の改変をしてはいけないので注意が必要です。

なぜ著作物そのものでない題号に同一性保持権が認められるのかと言うと、著作物の題号は著作物の内容を適切に表現したものであるので無断で変更等をすれば著作者の人格権が害されることが想定されます。

また、著作物は日本国民にとって文化的所産という側面があるため、第三者が自由に変更できるとすると、題号を手掛かりに著作物を購入等しようとするものに対して迷惑がかかることになる為、同一性が必要とされているからという側面もあります。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム