公表権とは

公表権とは公表権については、著作権法第18条第1項で、「著作者は、その著作物でまだ公表されていないものを公衆に提供し、又は提示する権利を有する。当該著作物を原著作物とする二次的著作物についても、同様とする。」と規定されています。
 つまり著作者は自分の著作物について、いつ、どのように公表するか決める権利をもっているということです。さらに、自己の著作物を原著作物とする二次的著作物にも原著作者は公表権を持っています。
 しかしながら、未公表の著作物の著作権を譲渡したり、未公表の美術や写真の著作物について原作品を譲渡した場合等にまで、著作者の許諾がないと公表できないとすると不都合が生じるため、このような場合のために同意推定規定があります(著作権法第18条第2項第1号乃至第3号)。
 また、著作権法第18条第3項、同4項では、行政機関が保有する著作物については、情報公開法に基づいて公開しなければならないので、著作権法がその妨げにならないようにするためにできた規定です。
 著作権法上の公表については、著作権法第4条で列挙されています。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム