ゴーストライター(1)

平成27年1月13日から毎週火曜日午後9時~、フジテレビ系列で中谷美紀さん主演の「ゴーストライター」というドラマが放映中ですが、高視聴率を維持しているようです。モデルは、佐村河内守氏の事件だと思われ、ゴーストライターとして名乗りを挙げた新垣隆氏も、フジテレビのホームページで「ゴーストライター」について語っています。

私も、テレビや週刊誌から佐村河内氏のゴーストライター事件については取材を受け、コメントもしているのですが、著作権法上どのように考えればよいか、難しい問題を含んでいます。対象となる著作物が、音楽、小説、エッセイ、その他どのようなものであったとしても、現実問題としては、「ゴーストライター契約」自体は、世の中で多く行われていることであり、ビジネスの一環として行われている実態があります。

その意味で、フジテレビが制作した「ゴーストライター」は、著作権法上の論点を多く含む興味深い内容だと思います。そこで、著作者にまつわる問題として、「ゴーストライター」について検討していきたいと思います。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム