著作権法の専門家集団が支援します

トラブルの解決には精通した弁護士が適任です

虎ノ門法律特許事務所

ごあいさつ

大熊 裕司著作権法に関する専門サイト「著作権法相談室」をご覧いただき、ありがとうございます。虎ノ門法律特許事務所代表弁護士・弁理士の大熊裕司です。

知的財産権、中でも著作権法について理解を深めることは、大企業だけではなく中小企業の経営においても重要な意義を有しております。
本サイトをご覧になっている各企業の皆様が一人でも多く著作権法についての理解を深め、自社の知的財産 戦略の向上に資することができれば幸いです。

著作権、肖像権、パブリシティ権、プライバシー権について詳しく解説し、トラブル解決のお手伝いを承っております。音楽・映画・動画・書籍・プログラムなど、様々な版権・著作物に精通した弁護士が担当しておりますのでお気軽にお問合せください。

虎ノ門法律特許事務所は、著作権法の専門家による高度なリーガルサービスを提供し、御社が最高のパフォーマンスを発揮できるようよう、全力で支援させていただきます。

当事務所の特徴

特徴1:著作権法の専門家集団

著作権法をはじめとする知的財産権法は、高度な専門性が要求される法律であり、その解釈や法的紛争に際しての対応には困難な場合があります。日本が知財立国として経済的成長を続けていくためにも、大企業だけではなく中小企業が知的財産権に関して充実した法的サービスを受ける必要があります。

私どもは、現在まで数多くの法的紛争を処理してきているほか、知的財産権法をはじめとした法律について日々研究を続けていることからも、クライアントの皆様のニーズに合致した最善のリーガルサービスを提供することができると自負いたしております。

今後とも、専門家集団としての自覚を高め、各自研鑽を続けていく所存です。

特徴2:迅速な対応力

法的紛争が発生した時は、迅速な対応が重要となります。当事務所では、仮処分、仮差押えをはじめとする保全処分に迅速に対応するほか、依頼者の皆様の権利を守るため迅速な事件処理を心がけております。

特徴3:時間をかけて、ていねいにご説明します

一人ひとりのお客さまに対して、たっぷりと時間をとり、ていねいにわかりやすくご説明させていただきます。お客さまが納得できないまま、お話を進めることはありませんのでご安心ください。

メディア掲載

YAHOOニュースに解説記事を投稿しました(平成28年8月12日)

「妻の暴言「バカクズ死ね」「お前に人権は無い」心の病になったら離婚できる?」について、解説記事を書きました。

TBSテレビ「爆報!THE フライデー」に出演しました(平成28年7月29日)

栗田よう子さんが偽ブランド品の詐欺にあった件で、栗田さんから相談を受ける形でコメントしました。

週刊朝日の取材を受けました(平成28年7月29日)

週刊朝日7・29で、アニメ「機動戦士ガンダム」の主人公、アムロ・レイのものまねで知られる芸人、若井おさむさんが、所属する吉本興業からものまねを禁止された件で、著作権法等法律上の問題についてコメントしました。

毎日新聞の取材を受けました(平成28年2月29日)

人気キャラクターや有名ブランドの柄のついたハンドメード品販売における著作権、商標権侵害について、毎日新聞社から取材を受けました。キャラクターが描かれた市販生地を使用して出品者が手作りした作品は著作権や商標権を侵害するのかという難しい問題です。

日本テレビ「スッキリ!!」の取材を受けました(平成27年12月15日)

平浩二さんの「ぬくもり」(作詩:沢久美)が、Mr.Childrenの「抱きしめたい」と酷似しているという盗作疑惑について、電話取材を受けました。

日本テレビ「スッキリ!!」の取材を受けました(平成27年12月14日)
平浩二さんの「ぬくもり」(作詩:沢久美)が、Mr.Childrenの「抱きしめたい」と酷似しているという盗作疑惑について、インタビュー取材を受けました。

「教えて!goo」から取材を受けました(平成27年10月17日)
「弁護士に聞いた!ハロウィンのコスプレは著作権侵害!?」について、コメントしました。

テレビ朝日「週刊ニュースリーダー」の取材を受けました(平成27年10月17日)
「東京都ロゴ また"盗作"騒動?」についてコメントしました。

R25スマホ情報局の取材を受けました
2015年10月15日、R25スマホ情報局で、「訴訟に発展も!?ハンドメイド作品販売の注意点」について取材を受けました。
http://smartphone.r25.jp/news/137954

TBSテレビ「Nスタ」(8月7日(金))でインタビュー取材に応じました
TBSテレビ「Nスタ」(8月7日(金))でインタビュー取材に応じました。「ふなっしー」などの着ぐるみを、中国で無許可で製造、販売している業者の違法性について、法的な解説を行いました。

メディア掲載一覧はこちら

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム